脳梗塞の原因を知って予防【事前ケアで病気皆無ナビ】

医者

症状に早く気づくこと

再発する可能性が高い

女性

脳梗塞は、脳の血管が詰まることで発症します。一度なってしまうと再び起きてしまうことがありますが、生活習慣を改善することで確率を減らすことができます。脳の血管に異常がでることが原因ですので、血の巡りを悪くする習慣をやめることが重要になります。脂質をが多い食事をやめて、タバコを吸っているならばすぐにやめることです。またストレスを減らすことも忘れてはいけません。脳梗塞を防ぐには、普段から血管をつまらせるような生活をしなければ発症する可能性は低いといえます。発見が遅れてしまうと脳梗塞の場合、脳にダメージを与えることになりますので後遺症が残ることがあります。普段の生活をきちんとして、体に異常がでたら早く専門医に診てもらうことです。

時間をかけ過ぎない

現在、お年寄りだけではなく若い世代でも脳梗塞を発症するケースがあります。突然倒れるということも珍しくありませんが、その前に何らかの兆候があることが多いです。めまいや頭痛、手のしびれなどがあり初期のものだと薬を飲むなどすれば治ってしまい、脳梗塞だと気づかない人が多いです。早め早めに対応することが、脳梗塞を悪化させないために必要なことです。繰り返し頭痛などの症状があれば、医師に相談することで適切な治療を受けることが可能です。脳梗塞の可能性がある人が倒れた時は、時間との勝負になります。脳へのダメージを最小限にするためには、早く救急車を呼ぶことです。あとは、動かそうとせずに安静にさせておけば負担を減らすことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 2015 脳梗塞の原因を知って予防【事前ケアで病気皆無ナビ】 All Rights Reserved.