脳梗塞の原因を知って予防【事前ケアで病気皆無ナビ】

医者

日本人に多い死因

脳に起こる具体的な病気

脳

日本人の死因第3位として注目されているのが、脳血管に関する疾患です。脳血管に関する疾患とは、脳動脈瘤、脳出血、能動静脈奇形血管などが挙げられます。まず、脳動脈瘤とは、脳の血管に破裂する可能性のあるコブができることです。コブが破裂すると、脳出血が起こります。自覚症状のないまま脳内で出血して、血の塊ができてしまいます。脳が圧迫されることで、大変な障害が残ることが有ります。さらに最後の脳動静脈奇形血管は、静脈の形がおかしくなることです。静脈内の圧力が高まって破裂するリスクがあります。上記のような脳の病気を予防する方法として、京都では脳ドックという検査が行われています。保険が効かないので脳ドックは5万円程度の費用がかかります。しかし、確実に脳の異常を発見できるので、気になる方は早めに受けておくべきです。

検査の方法とは

京都では、脳の病気を発見する方法として脳ドックが行われています。主な京都での検査方法は、二通りに分かれます。それは、MRIとCTによるものです。まず、MRIは、正式には核磁気共鳴画像法といわれる検査方法です。脳を輪切りにした画像を撮ることで、脳出血などの異変を察知できます。次のCTとは、血管に造影剤を注射してX線で画像を撮るものです。この方法は、MRIと比べて、短時間で検査が終わるという利点が有ります。しかし、少量の被曝や造影剤を使うことから安全面で少し劣るとされています。なので、それぞれの利点、短所を考慮したうえで、担当医と話し合って決めると良いです。特に脳の病気は、気づかないうちに進行するといわれています。なので、年配の方は年に一度の割合で京都の脳ドックを受けておくと良いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 2015 脳梗塞の原因を知って予防【事前ケアで病気皆無ナビ】 All Rights Reserved.